皮膚科通いだった高校時代、成長してツルツル肌に(30代女性)

私は高校生になった頃から顔中にニキビが出始めました。
本当に毎日が憂鬱になるくらい沢山でました。思春期ですし、おしゃれもしたい。お化粧もしたい。
でも、何をしても顔中にたくさんのニキビがあって、本当に憂鬱でした。

テレビで紹介されているニキビ用のスキンケア商品、薬は一通りためしました。
ほとんど効果はなし。
洗顔をこまめにする、毛穴を開かせた状態で洗顔するなどの、ニキビ対策に良いとされる方法もためしましたが、あまり効果はありませんでした。

そこで母が皮膚科へ連れて行ってくれました。皮膚科の塗り薬を処方してもらいました。
しかし、それでも薬は一時的にしか効かず、結局また同じ所にニキビができる、を繰り返しました。

皮膚科にも何度も通いましたが、医師の最後に言った言葉は
「まー、思春期だからしょうがないね。ホルモンバランスのせいだからね」です。
とてもショックでした。見捨てられたきがしました。
それから皮膚科には通わず、自分で食べ物を気をつけたり、スキンケアを念入りに行うことに重点をおきました。
結果、それで改善されたわけではありません。

しかし、やはり医師の言ったとおり、成長とともにニキビは出て来なくなり、なんと20歳を過ぎたころにはツルツルのお肌になったのです。

ニキビがあるととても憂鬱ですよね。でも、それは成長の過程で自然と治っていくようです。
ストレスに感じるのが原因で、悪化するということもあったようです。

今現在悩んでいらっしゃる方、きっと必ず治ります。あまり考えすぎないで健康的な生活を心がけてくださいね。