ニキビがうつる?タオルにつくアクネ菌

ニキビの原因となるアクネ菌はタオルなどに付き、それを他の人が使用するとアクネ菌は移動します。
そのアクネ菌によりにきびができるか、つまりどの程度の接触でうつるかということは明らかになっていません。

アクネ菌自体はにきびができていない人にも常在していて、それが皮脂や紫外線などによりニキビの原因となるので、環境にもよるからです。

また、ニキビは炎症なので、傷があるところに一般的にいる黄色ブドウ球菌がいる可能性があります。
この菌は肌荒れや小さいな傷にもいるもので、物を媒介に移動することはあります。
顔に触れるものを共有するのは避けたほうが無難ですが、これはニキビができている場合に限らないと思います。
風邪など他の感染症の可能性を考えて、もともとタオルの貸し借りは良くないと言われているのと同じことだと思います。

自分のニキビが広がらないようにすることは大切です。
タオルや化粧用のパフは、それらの菌が増えないように、まめに洗うなどして清潔に保ちます。