ニキビの治療<面ぽう圧出>

ニキビは自分でつぶしてはいけない、とよく言われます。
それは過度な刺激や雑菌によって、ニキビの状態を悪化させてしまう可能性があるからですが、では、皮膚科ではニキビをつぶしてもらえるのでしょうか。

答えはYESです。皮膚科でのニキビの治療には「面ぽう圧出」という方法があり、これがいわゆる「ニキビをつぶす」ということに相当します。
具体的には、ニキビの中につまった皮脂のかたまりを押し出す治療法です。

白ニキビや黒ニキビの場合には、そのままコメドプッシャーと呼ばれる穴の開いた器具をおしつけて、中身を押し出してしまうこともありますが、赤くはれていたり膿みをもっている場合には、レーザー治療を行います。

手順は、まずニキビの表面にレーザーで小さな穴を開け、そこから膿みを排出します。膿みをスムーズに排出することでニキビの悪化を防ぎ、また、レーザーをあてることでアクネ菌が殺菌されニキビができにくくなるというメリットもあります。

自分でコメドプッシャーを使うときは、お風呂上がりにしっかり消毒をして行ないましょう。