病気で入院したらニキビが治りました。(20代女性)

私は中学生のころから、ひどいにきびに悩まされていました。
顔全体にできるにきびから、背中まで。いたるところに、出来て、人目も気になりますし、何よりメンタル面でのダメージが大きかったです。

そんな、私でしたがそれを変える大転機・・・といっては、大げさですが、そのような出来事がありました。
それは、ニキビとは全く関係のない、病気で入院したことでした。
なぜ、入院したかは割愛しますが、入院したおかげで、私のにきびは大幅に改善していきました。
よくよく考えれば当然です。
バランスを考えられた食事、規則正しい生活、入院中のコミュニケーション(ストレスが少ない)、清潔な衣服(シーツ含む)・・・よくよく考えると、にきびの原因という要素がほとんど見当たらないのです。
ひとつだけ難を言えば、少し、自由がきかない・・・という、なんとも贅沢な悩みのみ。
この入院生活を終えて、通常の生活に私は戻りましたが、病院で学んだ生活法を生かし、きちんと生活することを心掛けました。
それは、上記に書いた要素を含めて、です。
それからは、にきびが大きく悪化することはなくなり、原因が分かっているので改善も早くなりました。
入院で学んだ、にきび改善でした。