ニキビとタバコの危ない関係

にきびと煙草には関係性があるのでしょうか。

煙草を一本吸う毎に、約25mg~50mgのビタミンCが消費されます。
ビタミンCは皮脂の過剰分泌を防ぎ、肌の代謝機能を促進する作用をもたらしてくれる大切な存在です。

煙草を吸うことでビタミンCが過剰に失われ、肌の代謝の低下、皮脂の過剰分泌の促進、にきびやにきび跡の色素沈着といった様々な悪い効果が出てしまい、にきびが出来やすく治りにくい体質に変化していきます。

また、煙草に含まれるニコチンには血管収縮作用があります。
毛細血管を収縮させ肌の血行不良を引き起こし、肌に必要な栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。

煙草を吸う人のにきび対策は禁煙が一番良いです。

もし、どうしても禁煙が難しいのならば、こまめにビタミンCを摂取することでお肌の改善に努めましょう。
ビタミンCは果物類に多く含まれているので、積極的に摂取するように心掛けましょう。

果物類を取る機会が取れない場合はサプリメントを利用すると効果的に摂取することができます。