ニキビの正しいつぶし方は?

顔にできたニキビというのは、なんだか無性につぶしたくなりますよね。
一般的にニキビはつぶしてはならないものとされていますが、正しいやり方をすれば自分でニキビを処理することは可能です。

しかし当然のことながら、間違ったやり方をしてしまうと痕が残ってしまうので注意が、必要です。
まず最初に気をつけなくてはならない点は、ニキビをつぶす時は必ず白いニキビにすることです。白いニキビ以上に悪化したニキビをつぶしてしまうと、それは間違いなく痕になって残ります。
ニキビをつぶすために用意しておく道具は、面皰圧子(めんぼうあっし)というものです。穴のあいた小さなスプーンのようなもので、ドラッグストアで手に入ります。他にはピンセット、消毒液、それに傷口用の軟膏もあるとよいでしょう。
面皰圧子を患部に押し当てることで、ニキビの芯を取り出していくのです。芯がでたらピンセットでつかみ、消毒をします。芯を取り出す時に気をつけることは、決して力を加えすぎないことです。あまり強くやると、肌が傷ついてしまいますので。
これらの作業を行う前には、手や顔を清潔にしておくことが大切です。