皮膚科の飲み薬と塗り薬で治りました。(40代男性)

私の場合、ニキビは中学生になった時から出始めました。出る箇所は、主に頬と顎のライン近辺です。ま、おでこと顎にもでましたが、量は頬とかに比べると少なかったです。

小学生までは、とてもきれいでツルツルだった肌が、中学2年になるころには、もうボロボロ・凸凹です。いくら洗顔フォームで洗っても効果あありませんでした。ニキビはつぶすな、と皆は言いますが、放っておいてもつぶれるし、ひどいものです。親に相談しても「ニキビで死んだ奴はいない!!」とか「あの芸能人は若いころは月面クレーターと呼ばれていた(だからお前も気にする必要はない)」とかいうだけで、あまり参考になるようなことは言いませんでした。高校に入ると、成長期になったせいか、さらにひどくなります。友人からも「あいつ(同級生)は、かなり治ったから、どうして治ったか聞いてみれば?」といわれるほどひどかったです(結局その人には聞かなかったですが。。。)。そして大学です。大学に入ると、すこしは収まったかな?とは思いましたが、相変わらずでます。ボコボコでます。しかし、このころ、実家に夏休みで帰省し、温泉に毎日はいったところ、かなりニキビが良くなることに気が付きました。しかし、ニキビがなくなるほどではありません。

そして、社会人になります。社会人になっても依然としてでます。このころになると、あきらめ気味で、ニキビがでたら、針でつついたりカッターで軽く切って中の膿をだす、とかやってました。
そして、あるとき、ストレスがかなりたまった時、頬にかなりの量のニキビがでました。さすがに、「これはイカン!!」と思い、美容外科もやっている皮膚科に行きました。美容外科もやってますので、見た目が悪いということにも理解を示してくれるように思いました。そこで、塗り薬と飲み薬(漢方薬、頬の赤味をとるための薬とビタミン剤)を処方してもらいました。最初は、「こんなにいっぱい薬をよこしやがって」とか内心思っていましたが、とりあえず先生の指示通り薬を塗って飲んでを毎日繰り返しました。すると、1か月ぐらいたつと、だんだん自分でもニキビが減ったことを実感できました。あれだけしつこく出ていたニキビが、できなくなってます。これはいい、と通院を続けたところ、半年ぐらいすると、ひさしぶりに会ったおばさんから「吹き出物がほんとに良くなったねぇ」と言われ、とてもうれしく思いました。
いまは、お金がないので通院してないのですが、ニキビはあまり復活してません。ほんと、皮膚科に行ってよかったと思います。そこの先生もよかったのかも知れませんが。