丁寧な洗顔とカロリー制限した食事が大切(30代女性)

しばらく食生活が乱れていて、脂っこいものやスナック菓子をたくさん食べたりしていたら、顔の頬や顎のあたりにニキビがいくつもできてしまいました。
もちろん早く治したくて洗顔を丁寧にして間食も控えるようにしたのですが、ニキビはなかなか治らないものなんですよね。

ニキビができてしまった時は気になってついつい指で触ったりしてしまいがちですが、これは本当にやめた方がよいと思いました。指で触っていると、どんどん赤みが増してきてしまうんです。触ることでバイ菌が入りやすくなるのか、ニキビ自体も大きくなってしまいます。自分で潰してしまうのもご法度です。
早く治したいと焦る気持ちをこらえて、洗顔などのケアを丁寧に続け、食事のカロリーにも気をつける生活を続けていたら、ニキビが少しずつ治るようになりました。洗顔の際は洗顔クリームをしっかりと洗い流さないと、ニキビに悪い刺激を与えて悪影響になってしまうので要注意です。
このようにきちんとした洗顔と食事を続けることで、ニキビの跡を残すことなく治すことができました。