おしりのニキビの原因と注意点(O型クッションもオススメ)

自分では気付きにくい場所だけに、見つけられると恥ずかしくてたまらないのがおしりのニキビですよね。
おしりのニキビの出来る過程は、基本的には顔と同じで毛穴に溜まった汚れや皮脂が原因となっています。

ただ、顔と違うのは外気に晒されていないので、下着や衣服で蒸れやすい環境にあるということです。
また、下着などが擦れて刺激があることも悪化の一因となっています。

特に座り仕事をしている人は、常に圧迫されてしまい、血流も悪くなりがちです。
できるなら、O型のクッションなどを椅子に敷くようにしましょう。

酷くなると細菌が繁殖しやすい環境のため座るのも辛いほどに腫れることもあるのです。
これでは恥ずかしいでは済まされませんよね。

発生や悪化を回避するには、顔同様に清潔に保つことが一番です。
それに加えて、刺激の少ない下着を選ぶことを心がけるもの大事です。
化繊の下着や総レースの下着は避けて、綿100%の吸湿性と通気性に富んだ素材を選ぶことをお勧めします。

初期であれば、清潔にした上で市販のニキビ薬を使えば簡単に治るものです。
自分では見えにくい場所ですが、入浴の時間などを利用して早期発見を心がけ、見つけたらすぐに対処することが大切ですね。