運動不足だとニキビができる?

ニキビができる原因として考えれるさまざまな理由のひとつに、運動不足があげられます。
しかし、なぜ運動をしないことがお肌の健康に関係あるのでしょうか。

それは、運動をしないことで体がなまり、肌のターンオーバーが遅れ、老廃物がたまりやすくなるからです。つまりは新陳代謝が関係しています。
適度な運動をしていれば、血行もよくなるため、新陳代謝が活発になります。汗もかくので老廃物が自然と体の外に出てくれます。また、皮膚の免疫力も高まるので、ニキビのできにくい体になります。

さらに運動をすることの利点として、よく眠れるということが挙げられます。質の良い睡眠をとることで、ホルモンバランスが整えられ、肌も綺麗になっていくのです。どんなにスキンケアを頑張っても、ストレスなどでホルモンバランスが崩れていると、思うような効果は得られません。

とはいえ、忙しい生活を送っている人は、なかなか運動する時間をとれないかもしれません。そんなときは、朝晩に簡単なストレッチをするだけでも効果があります。また、通勤中などわずかな時間をみつけて、ウォーキングをしてみるのもよいでしょう。
なにも過度な運動をする必要はないので、空いた時間にちょっと体を動かすだけで、ニキビ予防の効果が期待できます。
肌を健康に保つには、健康的な生活を送る必要があるということですね。