食べるとニキビが悪化する食材は何?

にきびは、きちんとお肌のケアをしていなかったことで、汚れが毛穴に詰まってできてしまうということもありますが、食事が大きく影響していることをご存知でしょうか。

ニキビは、過剰な皮脂の分泌が主な原因とされていますが、その皮脂の分泌は、食事の際に糖分や油分の取り過ぎから起こるとされています。
したがって、糖分や油分の多い食事を控えることで、皮脂の分泌が減り、ニキビもできにくくなるのです。ここで、皆さんが普段よく食べられているもので、糖分や油分が多く、ニキビにとって良くないと言われている食べ物を紹介します。

まずは、お米やパン、麺類の炭水化物です。
炭水化物は、消化されると糖分に分解され、その糖分が油分に変わり皮脂の材料となるのです。ただ炭水化物は、エネルギー源となるとても重要なものですので、取り過ぎに注意する程度で取られることをオススメします。

次は、ケーキやチョコレートなどの糖分の多い食べ物です。先ほどでも述べましたように、糖分は消化されると油分になり、皮脂の原因になります。
糖質を過剰に摂取することで、血糖のコントロールがうまくいかなくなることも。そうなると、興奮系のホルモンが過剰に分泌されることになります。
皮膚や粘膜の修復にも悪影響が出て、ニキビが悪化して治りにくくなってしまうのです。

また、皮脂とは関係がありませんが、辛いものやにんにくなどの刺激物も内臓に負担が掛かってしまうので、お肌に影響が出やすいとも言われています。